ゆいしんブログ【Yuishin Blog 】

アラフォーになってしまったおじさんのブログです。 妻と小学校2年生と3年生の娘の4人の仲良し家族です。不快なものは提供しないように心掛けますが、もし問題があれば教えていただけるとうれしいです。

「選択的週休3日制」!? わたしはそれでいいかな(^^♪

「選択的週休3日制」というニュースをみました。

私:なにそれ!? めっちゃいいやん。

と初めて聞いた時の安直な感想です。

今までも、会社がつくった新しい制度に飛び乗って待遇が悪くなってるのに。

全くコリてないですね(;^_^A

 

まだ「政府への提案」の段階のようで、制度として成立するかは不明ですが。

わたしなりの所感を書いていきます。

 

 

◆多様な働き方!?

コロナもあり、「多様な働き方」ってワードをよくみます。

わたしは仕事の性質上、リモートワークもできないので、ピンとこない部分もあります。

 

ただ、休みが増えました。

今まで有休もとれなかったのに、どうしたもんでしょうか。

もちろん給料も削られる込みで。

(給料が削れることとなると、会社の行動が早いのが悲しい)

 

そんな中の「選択的週休3日制」。

わたし的には、「あり」だと思っています。

 

 

◆そもそも「週休2日制」なのは??

パナソニックさんが初めて「週休2日制」を導入されました。

欧米諸国と比べ、日本の生産性が低いことを改善することが目的だったようです。

 

松下幸之助さんの時代のお話しです。

もちろんただ休みを増やすことではありません。

「一日教養、一日休」

 週休2日のうちの1日の休日を教養の取得にあてることを社員に求めたそうです。

「産業人として、社会人としての向上に資するものとなることを強く望んだ」

 

まさに、「働き方改革」でやりたかったことですね。

実際には、・・・。 

先人の想いを、受け継ごうとはしてくれてますが。

現実との乖離は、まだまだありますね(;^_^A 

 

 

◆「選択的週休3日制」にわたしは賛成です!!

リモートワークを含めた地方の活性化も、思惑にあるそうです。

なので、わたしは大賛成!!

そもそも、東京に一極集中してるのは、日本を成長させる為には解消すべきことだと思ってます。

 

「週休3日制」なる懸念点は、給料面が大きいでしょう。

今のわたしのように、「お休みが多くなる分、給料は減らされる」ことが考えられます。

「休みはあるけど、お金がない」では、じり貧にしなりません。

であるなら、お休みの日に行動できるように、副業の解禁は必須でしょう。

副業の解禁で個人の動き方が問われると思います。

 

あとは、ブラックな企業に悪用される可能性もあります。

どんな制度でも悪用する人はいそうです。

しっかり監督していく制度も同時にお願いしたいところです。 

 

 

◆わたしの場合

私:「週休3日制」ならどうするかな。

って、今から考えてしまいます。

 

今のところ副業が解禁されてないので、できる範囲が限られています。

「投資」は副業に含まれないようなので、「投資」でどうにかしようともがいてます。

 

それが副業解禁により、選択肢が増えるのかなと思います。

では、何をするか。

 

 

・・・思いつかない( ;∀;)

悲しいことに、手に職がないので、できることが限られたまま(;^_^A

 

これでは、せっかくチャンス??が活かせない。

今からでも勉強していかないと!!

 

でも何だか楽しくなってきました。

スキルアップについても、ブログを通じて勉強していきたいですね。

 

 

◆ついしん

 会社の概念が変わりそうですね。

「わたしどこどこ会社の者です」

が通用しなくなるかも!?

 

松下幸之助さんではないですが、個々人がスキルを磨いて、

それを活用できる場所が増えれば増えるほど、日本は強くなりそう。

良いループが生まれる世の中にしていきたいですね(^^♪

いつも読んで下さり、ありがとうございます!!

プライバシーポリシー