ゆいしんブログ【Yuishin Blog 】

アラフォーになってしまったおじさんのブログです。 妻と小学校2年生と3年生の娘の4人の仲良し家族です。不快なものは提供しないように心掛けますが、もし問題があれば教えていただけるとうれしいです。

妹ちゃんは天才児!? 文字を読むのが苦手でも!!

◆妹ちゃんとお姉ちゃん

妹ちゃん(小2)は、本読みが苦手です。

ベラベラと壊れたラジオのようにしゃべり続けるお姉ちゃん(小3)と違って、

お話するのも少し苦手なようです。

赤ちゃんのときは、なかなかしゃべれなかったので、保健士さんにも相談したほどでした。

その影響か、本も苦手なようです。

 

学校の宿題に、教科書の朗読がよく出されるのですが、

苦手ながら懸命に読む姿にいつも感動させられます。

そんな、妹ちゃんが「お手紙(かえるくんとがまくん)」を、

すらすらと読んでいたので、ビックリしました。

 

◆なんとなく感じる違和感

抑揚もつけ、感情豊かに読む妹ちゃん。

毎日、練習した成果を感じていたのですが、

少し、視線の動かし方に違和感がありました。

文字と少しずれてるような・・・。

妻にもその違和感があったようで、どうやら本の暗記をしているようなのです。

 

◆文字を読むより、暗記する

いろいろなことに個人差があるとは聞きますし、実際にあるとは思いますが、

本を「読む」ことより、「覚える」を選ぶことがあるとは、思いませんでした。

「苦手なことをカバーするため」なら、妹ちゃんなりの努力なのかもしれません。

父としては、文字も得意とはいかないまでも、

苦手ではなくなってほしいとは思ってます。

 

妹ちゃんは、文字単体では「読む」ことに不便はないようです。

ただ、文字がたくさんある状態だと、

それが「文字」として認識することが難しいようです。

「識字障害」のような症状が少しあるようです。

なので、板書が苦手なのも、最近知りました。

学校もそれを認識してくださっており、特別な支援もしてくださるそうです。

 

◆父の救い

妹ちゃんは学校が好きなようです。

学校から帰って来たら毎回聞くのですが

私:学校どうやった??

妹:たのしかった~

と、言ってくれるのが救いです。

お姉ちゃんに聞くと、

少し身体の小さい妹ちゃんは、他の学年の子が声をかけてくれるくらい人気者のようです。

休み時間も男の子に混じって、棒をもって枝を突っついたりと、なかなかアクティブ!

 

最近では、ピアノに興味をもって練習してくれてます。

ここでも「覚える」能力は活きているように感じます。

なにか妹ちゃんが自信をもっていけるようなものを、見つけられるお手伝いをしていきたいです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ PUSH ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ PUSH ↑ ↑ ↑ ↑ ↑

いつも読んで下さり、ありがとうございます!!