ゆいしんブログ【Yuishin Blog 】

アラフォーになってしまったおじさんのブログです。 妻と小学校2年生と3年生の娘の4人の仲良し家族です。不快なものは提供しないように心掛けますが、もし問題があれば教えていただけるとうれしいです。

どうでもいい論争!? 海の中で昆布のだしが出ないのはなんでだろう??

◆妻VS私

 

久しぶりに、テレビを観ないると、「なんでだろう?」の歌声が。
テツandトモさんでした。


【公式】テツandトモ「なんでだろう20連発!!」(撮り下ろしビデオ)[フル]Tetsu and Tomo / Nandedarou 20shots!!


最近テレビで観ないですが、営業で大活躍されているそうで。
誰も傷付けない笑いだから、万人に求められるのでしょうね。

このテツandトモの、ネタに気になることが。
「海の中で昆布のだしが出ないのはなんでだろう?」

たしかに。
妻とまじめに考えてしまいました。

 

◆各主張!?


【妻の説】昆布は海からダシを吸い込んでいる!

なるほど、だから昆布はおいしいのか。
ありえそう。

【私の説】実は、少しずつ出ていて、私たちがおいしいと思っている昆布は、本来のポテンシャルではない。

どうですか。バカですね。
海は、うまみたっぷりのようです。


どうしても、気になったので、調べてみました。

 

◆真相は??

 

体をつくるアミノ酸は20種類あり、うまみ成分と言われるグルタミン酸もそのひとつ。
特に、昆布にはグルタミン酸が多いそうです。
だから、おいしいダシがでるんですね!

この昆布のダシの成分は、細胞の中にあるそうです。
細胞には、必要なものだけを取り込んで、いらないものを排出する機能が。
グルタミン酸は、昆布が生きる上で必要な成分。
なので、細胞の外には出さない。

海の中で昆布のだしが出ないのは、『生きているから』のようです。
昆布が死んでしまうと細胞膜が壊れて、グルタミン酸が外に流れ出てくるのです。


なるほど、2人とも間違いのようです。
どっちかというと、妻よりかな。


議論??という大した時間でもないですが、たのしかったです。
妻との会話ネタを提供してくれたテツandトモさんに感謝!!

 

いつも読んでくださり、ありがとうございます!!